便秘解消

カルシウムを多く含むチーズ

チーズにはカルシウムが豊富に含まれています。
牛乳の10倍とも言われるほどの栄養を含むため、カルシウムも牛乳よりも効率よく摂取する事が出来ます。
チーズにはタンパク質が豊富なので自然とカルシウムも吸収しやすくなります。

それは、カルシウムはタンパク質があるほど吸収率が良くなるためです。
チーズの中でも発酵が進んだナチュラルのものほどカルシウム含有量は多く、パルメザンは100gあたり1300㎎を含み、一方の発酵していないカッテージは55㎎と大きな差があります。
しかし、同じ100gでも一度に食べる目安量を考えると、より濃厚なパルメザンとさっぱりとしたカッテージを同量食べる事は難しいといえます。

濃厚なパルメザンは一度に100gも口に運ぶのはカロリーの過剰摂取にもつながります。
そのため、それぞれの適量を摂取すると考えた場合、チーズの種類が異なってもカルシウム量に大差はないとも考えられます。
その点ではナチュラルチーズを組み合わせたプロセスチーズは少量でもカルシウムが豊富にとれます
最近ではカルシウムを特に多く含ませたカルシウム入りプロセスチーズも販売されています。
チーズそのものがもつカルシウム以上にカルシウムを加えて製造しているので、よりカルシウムを重点的に摂取したい方にはおすすめです。


このページの先頭へ